Home > AgeSrv > インストール手順

インストール手順

  • 2007年12月16日 14:30
  • AgeSrv

詳しい説明は省きます。説明できる程詳しくもないですし。
なお、パッケージ管理に apt を使用していますが、
もちろん yum でも aptitude でも構いません。

■C++ 開発環境のインストール

既に存在しているかチェックします

$ gcc --version
$ g++ --version
$ make --version

足りないものをインストール(gcc3でも大丈夫だとは思いますが…)

for Vine

# apt-get install gcc4 gcc4-c++ make

for Debian

# apt-get install gcc g++ make


■MySQL開発環境のインストール

既に存在しているかチェックします

# mysql_config
(省略)
        --include        [-I/usr/include/mysql]
        --libs           [-L/usr/lib/mysql -lmysqlclient -lz -lcrypt -lnsl -lm]
# ls /usr/include/mysql
# ls /usr/lib/mysql
# ls /usr/lib/libmysqlclient.so
# ls /usr/lib/libz.so

下記は元々入っている?

# ls /usr/lib/libcrypt.so
# ls /usr/lib/libnsl.so
# ls /usr/lib/libm.so

足りないものをインストール

for Vine

# apt-get install mysql MySQL-client MySQL-devel MySQL-shared zlib-devel

for Debian

# apt-get install mysql-server mysql-client libmysqlclient-dev zlib1g-dev


■Xerces-C++ のインストール

for Vine
※/etc/apt/source.listの修正が必要になります。

# vi /etc/apt/source.list
(省略)
rpm     [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 4.1/$(ARCH) main plus updates nonfree extras <= extrasを追加
rpm-src [vine] http://updates.vinelinux.org/apt 4.1/$(ARCH) main plus updates nonfree extras <= extrasを追加
(省略)
# apt-get update
# apt-get install libxerces libxerces-devel

※Vine4.2ではパッケージ名が変わっている模様(xerces-c と xerces-c-devel)

for Debian

# apt-get install libxerces27 libxerces27-dev

その他、または手動でインストールしたい場合

# cd
# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/xerces/c/sources/xerces-c-src_2_8_0.tar.gz
# tar zxvf xerces-c-src_2_8_0.tar.gz
# cd xerces-c-src_2_8_0
# export XERCESCROOT=`pwd`
# cd src/xercesc/
# ./runConfigure -plinux -cgcc -xg++
# make
# make install


■Xalan-C のインストール

for Vine

# apt-get install libxalan libxalan-devel

※Vine4.2ではパッケージ名が変わっている模様(むしろ消えてる?)

for Debian

# apt-get install libxalan110 libxalan110-dev

その他、または手動でインストールしたい場合

# cd
# wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/xml/xalan-c/Xalan-C_1_10_0-src.tar.gz
# tar zxvf Xalan-C_1_10_0-src.tar.gz
# cd xml-xalan/c
# export XALANCROOT=`pwd`
# ./runConfigure -plinux -cgcc -xg++
# make
# make install


■動的ライブラリに登録(手動でインストールした場合)

動的ライブラリの一覧に反映

# ldconfig

下記コマンドで libxerces-c、libxalan-c が存在することを確認します

# ldconfig -v

ない場合(=手動でインストールした場合)
手動で登録する必要があります。

# cd /etc/ld.so.conf.d
# vi liblocal.conf

/usr/local/lib を追記。
なお、同ディレクトリ内の他のファイルに既にこの記述があれば不要

ldconfigコマンドを実行して反映後、内容を確認します。

# ldconfig
# ldconfig -v


■AgeServerのインストール

ソースファイル一式をダウンロードし、/usr/local/src/ へ移動します

$ cd /tmp
$ wget http://fyuji.s27.xrea.com/AgeServer-0.0.2.tar.gz
$ mv agesrv.tar.gz /usr/local/src/
$ cd /usr/local/src/

解凍してコンパイルします。

$ tar xvgf AgeServer-0.0.2.tar.gz
$ cd AgeServer-0.0.2
$ ./configure
$ make

設定ファイルを修正します。
修正内容は ageserver.conf内を参照してください。
(データベースのユーザ/パスなど)
その後、ageserverをインストールします

$ su
# make install

htmlディレクトリ内の index.php を修正します。
(インストール先を変更した場合等。基本的にはそのままでOK)
修正内容は index.php内を参照してください。
その後、公開可能なディレクトリへ移動&リネームします。(こちらは必ず必要)

# mv html /var/www/ageserv


■AgeServer用データベースのセットアップ

AgeServerで使用するデータベースを作成します。
下記のUSER はrootでも構いません。

$ cd sql
$ mysql -uUSER -pPASSWORD --default-character-set=utf8 < tables.sql
$ mysql -uUSER -pPASSWORD --default-character-set=utf8 --delimiter=// < functions.sql
$ mysql -uUSER -pPASSWORD --default-character-set=utf8 < records.sql


■Q&A
特になし

■つぶやき
自動化しないと資産の入れ替えが大変

Comments:0

Comment Form

画像の中に見える文字を入力してください。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://fyuji.s27.xrea.com/x/mt-tb.cgi/38
Listed below are links to weblogs that reference
インストール手順 from orz公開所

Home > AgeSrv > インストール手順

Search
iKnow!バッジ


Feeds

Return to page top